そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

夏の振り返り【靴編】

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏の振り返りの靴編を書かなくては…と思いつつも、時間がたってしまいました。

このところは、blogに割く時間が足りなくて悩ましいです。

 

さて、この夏に使用した靴たちのうち、場面ごとに活躍を振り返りましょう。

 

 

 

クールビズの足元として

f:id:sorosoro40:20200905095644j:image

クールビズの簡素な雰囲気の際、足元にボリュームをもたせようとよく履いていたのが、John lobbのWilliam。
www.sorosoro40.com

 

ダブルソールの安心感と、中庸なフォルムが使いやすく黒靴だから、仕事時にも突っ込まれないだろうという考えから、戦線にたってもらっていました。

分厚いながらも質のよい革はさすがのJL。

頂き物の靴なので、何時のものなのか詳しくは知りませんがやはり名靴。

おそらく、今後もジャケットやスーツスタイルの足元として活躍してくれるでしょう。

 

合うシューキーパーがなく、とりあえず3000円台の格安のやつをいれています。

 

雨天時カジュアル靴として
f:id:sorosoro40:20200905095654j:image

春に磨き屋さんに依頼し、新たなる輝きを放つようになったトリッカーズのケスウィック。

www.sorosoro40.com

 

雨の多かった今年ですが、パラブーツのシャンボードと両輪で頑張ってくれました。

こちらは、カジュアルシューズということで、土日の外出に活躍。

坊に踏まれてもまぁなんとかなってしまう(気がする)強いやつです。

それにしても、購入6年目ですがシーシェイドレザーはあまり目立つエイジングしないですね…

履き込みが足りないかしら。

 

「フォーマル」への対応


f:id:sorosoro40:20200905095728j:image

私事ではありますが、冠婚葬祭、特に訃報がいくつかあったこの夏。

なんや感や役に立つのは履きなれたストレートチップ。

「礼儀」や「マナー」を考えた場合、ストレートチップという選択は「道具としての活躍」に近いと考えています。

つまり、「道具としての靴」には、「堅牢さ」や「履き心地」ハード面だけでなく、「経緯という文化」というソフト面にもあるのでしょう。

靴棚には同じくストレートチップのJ.M.WESTONの300もいますが、この夏はこちら「Allen Edmonds」のパークアベニューに手が伸びがち。

www.sorosoro40.com

 

コロンとしたフォルムや、浅目のトゥが親しみやすさを与えてくれると思います。

 

万能選手


f:id:sorosoro40:20200905095716j:image

インソールの微調整にて、抜群の履き心地を取り戻したSewnshoe-makerのローファー

Oboist model、RENDOとのコラボシューズなど、カジュアルな面持ちの靴を得意とし、変幻自在に融合させているSewnですが、もともとはクラシックなシューズを作ってきた経緯があります。

こちらも、漠然としたデザインアイディアを、汲み取って普遍的であり、特徴もある靴に仕上げてもらいました。

「タッセルローファーは唯一スーツに合わせられるローファー」という言葉もありますが、この軽くて華奢なローファーはジャケットによく合わせました。

 

また、最近流行中の「黒デニム」

古着界隈でも90s 501のブラックが見直されたりと、各所でその人気を伺えます。

かくいう僕も501を履いていますが以外とこの靴は相性もよく。
www.sorosoro40.com

 

突っ掛けサンダルのように気軽にはいていました。

なんなら、そのぶん、サンダルの出番減ってましたね…

 

 

夏の気分を押し出した靴


f:id:sorosoro40:20200905095704j:image

タン色はやはり、春夏にあり。

特にこの夏一番手に(足に?)していたのは、このNew&LINGWOODのローファー。

足にも馴染み、素晴らしいのフィット感になりました。

雨が降ると、まぁわかりやすくシミがつくのがこの色の弱点ですが、日光の中映えてくれる華やかさもあります。

www.sorosoro40.com

明るい色の、ローファーは、重ね着主体の秋冬よりもシンプルな中に組み込む春夏にジャスト。

個人的な感覚ですが、明るいブラウンはゴールドとも相性がいいはず。

ブレザー、金クリップの万年筆、アンティーク懐中時計と合わせる靴として八面六臂の活躍でしたよ。

 

まとめようナ

特にローファーなんかは、しばらくお休みになるわけで、酷暑をともにした相棒への愛着も感じますが…

秋冬は秋冬で、ブーツという楽しみやスエードという喜びがあります。

バブアーまみれだった昨年、カントリーテイストのウイングチップなんかを、合わせていましたが今年はまた、「テーラードジャケット」を着たい気分も。

 

クラシック(ドレス)ファッション×古着

 

バブアー×テーラードジャケット

 

そして、それらの橋渡しとしての靴

 

早くももう一段階涼しくなる日を楽しみにしています。