そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

黒ストレートチップのディテール比較【shoes(革靴)】

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

結局は持ってる2足の比較です

 

 以前、WEATONの300を買いました。

srsr.hateblo.jp


f:id:sorosoro40:20191015184140j:image

なんどか履いていく内に靴の方からデレてくれました。

タイトフィットながら心地よい履き心地。

もう少し羽根を閉じてくれると嬉しいですが、そこは沈み込みに期待です。

 

さて、もう一足長年、冠婚葬祭用に活躍してくれたAllen EdomondsのPark Avenue(以下Park)

と比較してみましょう。

誰のため…というと自分の使い分けのためですが…

 まず、こちらがAllen Edomondsの着画です。

https://www.instagram.com/p/BhgTuekH36i/

 

このParkは革靴が趣味になり始めた5~6年前、リーガルの靴の代わりにヤフオクで手にしたもの…

そのためフィッティングはあっておらず、インソールを入れている始末…

サイズは良いんですがウィズがとてつもなく広いのです。(EE)

なので今回、そのあたりは目をつむり(つむってください)、ディテールの比較をしてみます。

いずれにせよ、この2足がおすすめなことは変わりありません。

 


f:id:sorosoro40:20191014113155j:image

左:300 右:Park

正面からです。

しつこいようですがウィズは目をつむってください。

Parkのほうが内にふっていることが分かります。


f:id:sorosoro40:20191014113215j:image

上:300 下:Park

真上からみると、それはよりはっきりと。


f:id:sorosoro40:20191014113229j:image

左:Park 右:300

バックの仕上げはParkはドッグテールがついています。

メリハリがあるのはやはり300


f:id:sorosoro40:20191014113240j:image

奥:Park 手前:300

斜めの角度。

サイドのデザインを比較します。

Parkのステッチワークを見てみると、フェイス周辺はトリプル。対して300はダブルです。

また、アイレットに沿ってあるステッチ(なんというのでしょう?)はParkのほうが直角に近く降りてきています。


f:id:sorosoro40:20191014113300j:image

左:300 右:Park

アイレットは、それぞれ5と6

6アイレットは特にParkの特徴であると言えます。


f:id:sorosoro40:20191014113312j:image

Parkのヒールカウンター

かなり大きめ。アメリカ気質。
f:id:sorosoro40:20191014113323j:image

一方300。これくらいの大きさがスマートでいいですね。


f:id:sorosoro40:20191014113350j:image

左:300 右:Park

キャップ部分です。

Parkは浅めです。むかしはなんかキャップが大きいのが嫌でParkを選んだと記憶してます。

300は浅くもなく、深くもなく…という塩梅。ただし、スクエアなトゥとのバランスが素晴らしく、フランス靴らしい清楚な雰囲気です。

 

革質です。
f:id:sorosoro40:20191014113422j:image


f:id:sorosoro40:20191014113408j:image

この辺りは個体さもあるし(特にParkがありそう)一概にも言えませんが、300は旧ロゴ。

デュプイのきめ細かい革は触っていても気持ちがよいです。

ただ、このParkなぜか、とても良い革質。

一時期所有していたAldenのカーフに比べ明らかに滑らかでよく輝きました。(肉厚で柔らかいAldenカーフも魅力的ですがね)

 

全般的にPark推しの雰囲気な記事になってしまいましたが、どちらもおすすめな黒ストレートチップです。

 

ロブのシティなども欲しいですが、なんとなくドレッシーすぎるのかな?(そして高いな)とも思います。