そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

LACOSTEの墨汁染めはうまくいくのか

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏真っ盛りのこの時期…と言えば自由工作ですね。

または、自由研究。

じわじわと準備を進めていたところ、拝読しているBLOG【1978-アラフォーからの一生モノ探し-】でも、染め物の記事が。

 

www.1978.tokyo

 

筆者の斉藤さん。は、ポケットチーフを染められるのをシリーズ化しております。

日本酒(今回うまくいかなかったようですが)でも、染められるんですね。

引き続き、楽しみにしております。

 

さて、この生地に感化され、準備を進めていたものを決行。

今回は「墨染め」に挑戦しました。

 

玉葱染めの記事はこちらから

www.sorosoro40.com

www.sorosoro40.com

 

 

 

 

今回染めるのは

今回はこのLACOSTEのL1312を染めたいと思います。f:id:sorosoro40:20200805185642j:image

というのも、

  • それなりに着て、やや毛羽立ってきていること
  • 白のLACOSTEはまだあること

が、理由です。


f:id:sorosoro40:20200805185651j:image

一応タグ。

こちらは90Sであろうと思われます。

 

目標は「文字通り」チャコールグレー。

これまでの染めの経験から、恐らくは真っ黒にはならないはず。

風合いのある濃いグレーを目指します。

 

染料
f:id:sorosoro40:20200805185709j:image

今回はこちらの墨汁を使用します。

もっと安いのもあるのですが、なにやら「洗濯で落ちる」「乾きが早い」とのこと。

これらは、合成樹脂による成果なのですが、染めについてはマイナスに作用しそう。

というわけで、昔ながらの墨と膠(にかわ)で出来ているこちらをチョイス。

 

染め開始

媒染液に浸す

紅茶染めの時にも書きましたが、衣類はそのままだとなかなか染まらないので、媒染液が必要です。

www.sorosoro40.com

 

今回も例によって薄めた牛乳で。

豆乳がいいらしいんですが、気づいた時には時既に遅し。

今回は、牛乳で。

 

墨染め開始

さて、薄めた牛乳に浸し、時間のたったポロシャツを、煮たった墨汁に静かに豆乳投入。
f:id:sorosoro40:20200805185803j:image

菜箸でかき混ぜながら一時間ほど。

大分黒くなったのかな?

 

この段階の見た目は本当に当てにならないのです。

この後ものすごい色落ちしますから。

 

 

色落ち止め

今回は塩ではなく、ミョウバンを使い、色落ち止めを。

薬局で安く買えるのでおすすめです。

こちらの方が発色が良いのだとか。

 

すすぎ

一度冷水でじゃぶじゃぶとすすぎます。

洗う水が透明になるまで行うのですがこれがまた…長い。

結構な時間をかけて、すすぎました。

バケツに水をためて洗うと楽チンです。

 

2回目の煮込み&すすぎ

f:id:sorosoro40:20200805185813j:image

2回目の煮込みです。

手順は同じですがよりしっかり定着させるため、染めを繰り返します。

一応、ワニも真っ黒です。

 

乾燥

f:id:sorosoro40:20200805185839j:image

脱水を行い、日陰干しです。

しかし、この段階でやや手に墨がつくことが発覚。

迷いましたがそのまま乾燥。

 

…したのが、いけなかった。

乾いたポロシャツはガビガビ。

墨が残っていたのでしょう、不自然な固さに。

 

すすぎ3回目&日陰干し

というわけで、再度すすぎます。

今度は念入りに行い、さらに最後に柔軟剤で仕上げ

その後再度日陰干しに。

 

 

完成
f:id:sorosoro40:20200805185854j:image

しっかりと染まりました。

微妙な濃淡がでており、着続けて洗いを繰り返せば微妙な風合いがでそうです。


f:id:sorosoro40:20200805185658j:image

最終的にワニさんは、こんな感じ。

真っ黒にはなりませんでした。

 

まとめようナ

今回は、非常に時間がかかりました。

しかし、結果としてはまぁまぁといったところ。

もっと濃くしたければ、染めの回数をもっと増やすか、色々な色を混ぜるかですね。

次は何を、どう染めようかな。