そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

今、気になるもの8選。趣味の広がり【19.1.18】

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

欲しいものリストに、入るかも入らないかもちたいなモノから、やってみたいこと、気になる人、行ってみたい場所などをつらつらと。

年が明けて気になるものも増えてきています。 

ファッションのみならず、気になることを書いていこうと思います。

 

 

f:id:sorosoro40:20200117102926p:plain



 

Bespoke【ファッション】

最近、ビスポークをしていません。

仕様の対話や注文して待つ喜びを味わいたくなってきました。

順調にいけば、3月に子供も生まれますし、「その記念に…」とか言って、奥さんに頼んでみようかな…(3月の欲しいモノリストに速攻で載って、速攻で注文しそう…)

目下候補は、「ブレザー」か「ブラウンのビスポークシューズ」

特に「ビスポークシューズ」については、「ハンドソーンウェルテッドボロネーゼ」か「ハンドチェーンステッチ」をSewnで頼みたい…

 以前もリンクを張りましたが、こちらのハンドでのチェーンはかっこいい・・・

ameblo.jp

f:id:sorosoro40:20200110134514j:plain

画像は上記ブログより

でも、この雰囲気にしようとすると、ダブルソールになってしまい、ハンドソーンウェルテッドボロネーゼにしてもそのよさである返りのよさが死んでしまう…

両立できない以上、どうするか。

悩みどころですね。

 

Oboistモデル【ファッション】

友人のオボイストさんが、Sewnと手を組んで開発中の既成モデル。

また別記事にしたいと思いますが、レディースモデルがいいんですよね。

theoboist.net

 

一から育てる【ファッション】

今、気持ちを新たになにかを育てたいなぁと思います。

どうせなら表情が出てくるものをごりごりと……

気になっているのは、モールスキンとクロムエクセル。

それぞれ服、靴と違いますが、はきこんだりきこんでみたい……

ラブルール、フランクリーダー、ウルヴァリン、オールデン……このあたりでしょうか。

 

万年筆イラスト【カルチャー・仕事】

公私ともに、簡単なイラストをいれてPOPを書くことが増えてきました。

どうせならってことで万年筆を使って書いたらとても楽しくて。

インクも多色になってきたし、こまめにイラストを練習していこうかなと思いますが、美術はずっと2~3なので訓練が必要ですね。

f:id:sorosoro40:20200106163157j:plain

前もあげましたが現状の限界がこれ

 

www.sorosoro40.com

 

コーヒー【カルチャー】

12月にミルを購入し、gohkitiさんから頂いた豆をひいて飲んでいましたが、年末に使い切り。

www.sorosoro40.com

 

さて、つぎは自分で豆を選んで買ってこようか…なんて考えているタイミングで、お母さんからひかれた状態のパックを頂いてしまいました。てなわけで、自分で選んで豆を買ってくるのは少し先延ばし。

さぁ来月こそは…という感じです。

あとは小さめのヤカンでドリップしているのですがいい加減不便。

細口ケトルも買ってこようと思います。

 

BiSH【カルチャー】

巷で人気のアイドルBiSH。

年末から少し好き聞き始めました。

きっかけは前「気になるモノリスト」に挙げた「ジェニーハイ」の楽曲「不便な可愛げ」に、BiSHの「アイナ・ジ・エンド」がフィーチャリングしていたこと。


ジェニーハイ『不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)』

 

そこから少しずつBiSHもききはじめています。 www.sorosoro40.com

 

株式投資【資産運用】

株を始めようと思いますが、投機的なものより基本的には長期でのスパンを考えています。または、優待が目当てで選びたいところもありますが、ブロガーズのgohkitiさんや、odakou10さんのblogを参考にしつつ学ばせていただきます。

さて、合わせて資産の動きについて可視化してみました。節約をすること自体にモチベーションを持つことが難しいタイプではありますが、決してお金持ちではないので、うまく資産のコントロールをしながら欲しいモノを買っていかなければなりません。

来年また引っ越しだしなぁ…はぁ。

 

ペンランドカフェ【ショップ】

名古屋市大須の万年筆ショップです。

行こうと思っていたら移転し、そのままずっと行けていませんでした。

ここは革製品としてル・ボナーのカバンも扱っています。

近日中に伺いたいですね。

www.pen-land.jp