そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

春シャツに90sRalph

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

花粉の字面だけで目がかゆくなるように、春が必ずしも歓迎されるモノでなくなっている現代。

せめて「花」ぽい、華やかな色を纏って気分だけでもあげていきたい。

 

自分の中で今年は「シャツ」を着たい気分です。

今のところ。

先日のUNIQLOでもロンドンストライプの晴れ晴れとした感じ、「イイネ」ってなったので。

 

 

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20200312102041j:image

Polo Ralph Lauren

90sの、「ヴィンテージ」として扱うにはまだまだ早い年代の物。

これくらいならばデッドストックで安いのでおすすめです。

オレンジのロンドンストライプ、実にアメリカンで、春らしい。(ですよね?)

 

ディテール

襟元はやはりポロ

f:id:sorosoro40:20200312102050j:image

アメリカブランドだから…てなわけでもないですが、やはりボタンダウンシャツ。

アメリカで開発されたスポーティにして、機能的な競技用の襟元。

そりゃ、開発したのはBrooks Brothers かもしれませんが、ブランド(のレーベル)名に「Polo」って入ってるんだし、似合う気がします。

www.sorosoro40.com

 

ただし、ブルックスとは違い、ロールも小さめ。

というよりも直線的です。

タイドアップするよりも、そのまま着たい。

 

みんな安心のロゴと生地

f:id:sorosoro40:20200312102059j:image

「あ、ブランドもん着てますね」

ってなるのは嫌なので、ロゴ系はなかなか避けてしまうのですが、

 

「お、ラルフローレン着てますね」

ってなると思うンです、このロゴ。

 

ブランド物はブランド物かもしれませんが、だれがみても「許容して」くれそうなロゴ。

坊ともおそろいです。

www.sorosoro40.com

 

生地…は、なんていう織りなんでしょう?

コットンはコットン。

張りがあるので、馬布っぽいんんですが、それにしてはもう少し「パキ」「カリ」っと手に引っかかるような感じ。

ナイロンでもこっそり入っているんじゃないのか?

 

classic fit

slim fitに対し、十分な身幅とゆったりとしたパターンのサイズ感。

「S」サイズなので、そこまでオーバーサイズ感はありませんが、袖丈だけはいかんともしがたく…

2cmほど詰めてもらいました。
f:id:sorosoro40:20200312102109j:image
今となっては普通に見えるので、良い。

 

着てみると…

f:id:sorosoro40:20200312102143j:image

アンディスペードみたいに、「アメリカおじさん」みたいに見えたいですね。

「見せたい」ってほどの積極性や自信、能動性はございません。

「見られたい」ってほど、こう…直視は怖いじゃないですか?

「見えたい」くらいで。

 

腕まくるから袖丈の調整は、意味がありません。

でも、ジャケットの中に着る日が来るかもしれないし、それは「急」かもしれないンで。

ラルフ×ラルフとか

www.sorosoro40.com

 

 

まとめようナ

季節感を出すっていうのは「ファッション」の大事な要素らしいです。

安直で、直球なものしかできないので、「色」だけでも。

これくらいのシャツならたぶんデッドでも¥3000~5000くらいであるんじゃないでしょうか。

ご機嫌にいきましょう。