そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

UNIQLOのフリーペーパーがよかった

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、妻と一緒に外出した際、UNIQLOに行きました。

お目当ては「UNIQLO U」のグルカパンツがどのようなものか見たかったのです。

(グルカ持ってるのにね)

 

しかし、田舎のUNIQLOでは、取り扱っておらず残念。

 

特に欲しいものもなさそうだし、帰宅しようかと思いました

そんなとき、目についたのはフリーペーパー

 

 

 

UNIQLOのフリーペーパーがおもしろい

概要について

f:id:sorosoro40:20200309150702j:image

「なんかよさげ」というのはSNSのタイムラインから流れてくる情報で感じていました。

 

以前、「少し前の雑誌を読む」の中でも、取り上げました。

 

www.sorosoro40.com

 

2010年代にPOPEYEの売り上げを復活させた元編集長木下さんは、ファーストリテイリングの執行役員。

そのためなのか、このカタログの構成もPOPEYEっぽいですし、着こなし方も同誌が提案するシティボーイスタイルぽい気がします。

 f:id:sorosoro40:20200309150714j:image

この、右のスタイリングかっこいいと思います。

やや、やり過ぎ感もありますが(笑)

 

 

単純に雑誌として読んでも面白いと思います。

(もちろん、UNIQLOしか出てきませんが)

 f:id:sorosoro40:20200309150820j:image

こうしてみるとUNIQLOはおしゃれだなと素直に思います。

確かに、テーラーが確かな技術をもって仕立てるジャケットにかないません。

ヴィンテージのようなロマンを孕むことは難しいかもしれません。

「おしゃれになりたい」ということについては十分かなえられると思います。

(もちろん、先にあげたジャケットでも、古着でもおしゃれにななれますよ)

 

「普遍性とトレンドのバランスがよい」というのはもはや個性。

このあたりの空気感はまさにPOPEYEあたりと相性がよさそうですね。

 

デニムの記事について

f:id:sorosoro40:20200309150750j:image

UNIQLOのデニムは「一生もの」とはいえないかもしれませんが、生活の一部としてのファッションとしてはかなりいいと思います。

カイハラ社の記事を使い、ここまでのものを低価格で出せるのは脱帽。

そして、今季はセルビッジクラシックフィットの久々の販売なのですね。

スリムフィットは常駐ですが、こちらは6年ぶり。

 

 

UTのカタログ

またUTのカタログももらってきました。

f:id:sorosoro40:20200309150757j:image

企業T、ロゴTなどのストリートっぽさも昨今ではじわじわ人気です。

主にPOPさを担うのにいいのでしょう。

あまりに「UNIQLOだよね」感が強いので、なかなか着られませんが…

もっとも「ユニバレがいやだ」というより、ロゴは苦手です。

 

 

カタログを見ていいナってなったもの


f:id:sorosoro40:20200310212600j:image
もともとこのグルカを見に行っていたので(笑)

この長袖シャツをタックインが潔くていいですね。


f:id:sorosoro40:20200310212839j:image

そして、スウェットシャツ。

オーバーサイズで着るのは勇気が要りますが。

 

 

そして、なんやかんやお買い物も。

フリーペーパーだけ持ち帰るのも…だったので。

 


f:id:sorosoro40:20200309150834j:image

 

 

 

出入り口付近にあるキャップです。

UNIQLOで帽子初めて買ったかもしれません。

そしてキャップ自体何年ぶり!!

 


f:id:sorosoro40:20200309150846j:image

 


f:id:sorosoro40:20200309150853j:image

坊と公園で遊ぶときにかぶり物欲しかったので、ちょうどいいです。

むしろ夏の暑いときに欲しいので、この薄手でUVカットは重宝しそう

 

f:id:sorosoro40:20200309152135j:image

 

 

まとめようナ

まさに「生活」なのか「趣味なのか」でわかれる服事情。

「普遍的デザイン」「機能性」もさることながら「失敗しても低価格だからいいか」のさじ加減がうまいのがUNIQLO。

肌着、普段着、道具としての服はこの先もUNIQLOにお世話になりそうです。