そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

制服的・権威的・創造的にラルフローレンのブレザー

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブレザーが欲しい。

と言い続けています。

欲しいモノリストにも(枠の関係から抜けたけど) ずっと入っていました。

 

とはいえ、実は一応持っているブレザーもあります。

 

90sの雰囲気を感じさせる(というか当時の)ラルフローレンの物です。

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">  

 

概要
f:id:sorosoro40:20200226112545j:image

Polo Ralrh Lauren

 

90sの物です。

古着屋さんで購入しました。

ほぼ未使用品でしたが、価格はU¥25000くらいだったかな?

 

ダブルのブレザー、シングルのブレザー

 ブレザーにおいては、(ジャケット全般そうですが)ダブルとシングルの二つの型があります。

以前もリンクを張りましたが、こちらの記事を読むとダブルのブレザーの魅力が伝わります。

www.district.jp

 

所有するのは見て分かるようにダブル。

しかし、やはりどうにも「権威」的過ぎて、仕事では着づらい。

そう考えると、比較的ハードルの低いシングルが欲しくなっています。

 

しかし、シチュエーションがFreeならば(私服)、このダブルブレザーというのもなかなか組み立てが面白いと考えています。

 

ディテール

生地感は極々…

ごくごく普通のウール。

起毛がかっているサージですね。

裏地もしっかりついているので、秋冬にしか着られません。 

 

この辺りの記事は制服によく使われる比較的安価なものですね。

とはいえ、ブレザーの大定番生地なので何の違和感もありません。

制服的な雰囲気ばっちりです。

 

金メタルボタン
f:id:sorosoro40:20200226112552j:image

ブレザーは広義的にとらえれば「替え上着」

しかし、アイコニックなのはやはり「メタルボタン」

 

クリーンな印象のシルバーにすべきか、王道のゴールドにすべきかというのはよく聞く迷いですが、今回はゴールド。

 



f:id:sorosoro40:20200226112618j:image

袖口は4つボタン。

あきみせです。

開けるシチュエーションもないし、まぁいいか。

 

ラペルの迫力
f:id:sorosoro40:20200226112608j:image

ピークドラペルです。

ダブルのジャケットなので、この辺りは普遍的。

ダブルの持つ風格を保つためにはピークドラペルが良い気がします。 

 

以前、トゥモローランドのオリジナルで、ノッチドラペルのダブルのジャケットを所有していました。

こちらはシルエットも結構タイトでアームホールなども細く作られていたのでスタイリッシュさに重きを置いていたんですね。

 

ロングターン
f:id:sorosoro40:20200226112700j:image

このジャケットは、六つボタン下一つ掛け。

所謂ロングターンと言われる形になります。

ラペルが大きくかえり、上半身に厚みが出る一方で、重心が下に下がります。

 

現代では、二つ掛けが多いのである意味コーディネートの「引っ掛かり」になります。

コーディネートの工夫として、ズボンのシルエットが太めの物を選択しています。 

 

コーディネート

https://www.instagram.com/p/Br69ii3nlsT/

お腹痛いのポーズです。

ブラックフリースのボタンダウンシャツに、ブルックスブラザーズのスラックスです。

www.sorosoro40.com

 

ラルフローレンらしく、しっかりとした肩幅、ウエストのシェイプが特徴的なので、「スポーティ」というより「貫録」重視なような気もします。

 

 

まとめようナ

気に入っているのですが、いかんせんシチュエーションを選ぶシルエットとデザインなので、シングルのブレザーを欲しています。

こちらのブレザーはもう少し歳を重ねたほうがかっこよく着られるような気がします。

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">