そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

フェード→リーバイス・コーデュロイシャツ

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

押し入れの中に入れっぱなしで、全然着なくなっている服ってありますよね。

「手放す」ことも勇気であり、必要なのですが。

 

片付けの名人?こんまり先生曰く。

「トキメカナイモノ」は「サヨウナラ」をするのが良いらしい。

 

分かるんですよ。

でも、時期的なもので、「トキメキのユラメキ」があることも自覚しており、微々たるときめきがある日突然燃えるような「恋」になることもあるのですよ。

 

ミニマリストにはなれません。

 

そんな、ユラメキの下のほうにある服は中間措置として「冬眠」してもらっています。

真空パックの中や、ダンボールの中で。

寝心地よくなさそうですね。

 

今回はそんな「冬眠」から這い出てきたグリズリーのような服の話です。

 

 

 

 

概要

一応ヴィンテージにくくられる

f:id:sorosoro40:20200215223630j:plain

Levi's Corduroy Shirts

 

この、コーデュロイのネイビーが「フェード」する感じ。

素直に色落ちのムラ感といえばいいですが。

 

こういうのが「いい」と思える時と、悩ましく思えるときと僕自身にも、ムラというかユラメキがあるのですね。

 

バブアーの中に着ると、コーデュロイ同士がぶつかる感じが。

なのでユラメキが下のほうにあったのも事実です。

 

f:id:sorosoro40:20200215223730j:plain

タグから判断するに、70s。

ジーンズに比べてまだまだ気軽に手に入る値段ですね。

 

正直、いつ買ったのか、覚えてないですが… 

仕事で何回か着たかな?

 

なぜグリズリー(※再び着たくなったのか)

 先日、ブルックスブラザーズのシャツを書きました。

 

www.sorosoro40.com

 

そして、単純な僕は当日にブルックスブラザーズのシャツを着、シャツに対する気持ちがユラメキ上昇。

 

押し入れの中の探訪をしていて、このシャツに再会し…

 

魅力を改めて感じる。という。

 

ディテール

ボタンがいいのです

f:id:sorosoro40:20200215223736j:plain

リーバイスではおなじみのこのボタン。

このボタンがメインになっていることもあり、シャツといいつつも、デニムジャケットのような雰囲気。

色も色だし、遠目に見ればデニムジャケットのように映るかもしれません。

 

アメカジらしい、「男らしさ」「ラギッド」な雰囲気をユラメキ出してくれるこのボタンは、コーデュロイの雰囲気とマッチします。 

 

袖口の雰囲気

f:id:sorosoro40:20200215223741j:plain

ここもまた男らしさに一躍。

カフをダブルボタンに。 

並列されたボタンが袖口のアクセントになっています。

 

波打ちアーキュエイト

f:id:sorosoro40:20200215224015p:plain

残念ながら、タブは欠損。

ついていたらBIG Eだったのでしょうか。

 

ポケットのフラップがアーキュエイトになっており、ここちいい程度の ブランド主張。

 

なお、ダブルポケットでワークの雰囲気もばっちりです。

 

補強テープ

f:id:sorosoro40:20200215223803j:plain

背面裏地には、補強のテープ。

ナイジェルケーボンのジャケットにもありましたね。 

 

www.sorosoro40.com

 

ここはギャザーになっており、背中にぴったりとシャツが寄ってくれます。

 

コーディネート

f:id:sorosoro40:20200215224309j:image

多少のムラがありますが、紺から青という程度の、なお、ところどころのフェードなので「陰影」の表情があります。

 

また大き目の襟がいいですね。

小顔効果もあるらしいです。助かるぅ~~。

 

ただし、第一ボタンが締まりません。

タイドアップはしないし、いいか。

 

中に着るTシャツは白のクルーネックがいいですかね?

あえてヘンリーネックなんかもいいかもしれません。

 

まとめようナ

うん、改めてみると男らしくていい。

19/20は暖冬なので、かえって活躍できたのかもしれません。

もっとはやくグリズリーしていれば。

 

男らしい雰囲気も出してくれるし、色もいいので、どんどん着ていこうと思います。


f:id:sorosoro40:20200215224302j:image