そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

増永眼鏡のクラシックさ、真面目さ

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

職場の福利厚生のほにゃららで、この時期メガネを買うと12000円キャッシュバックがあります。

これは使わないともったいない!ということで、今年も眼鏡屋さんへ。

昨年度もこの時期に眼鏡を買っていますね。

 

www.sorosoro40.com

 

昨年度買ったこちらのクレイトンフランクリンはじめ、結構私服メガネは「丸眼鏡」

が多かったので、今年は「かっちりしたクラシックな眼鏡」を買いに行きました。

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20201228093107j:image



増永眼鏡とは 

https://www.masunaga-opt.co.jp/wp-content/themes/masunaga-corporation/images/logo.png

増永眼鏡は、福井の土地に地場産業を築く夢を実現するため、
1905年(明治38年)に創業しました。
以来、ギルド制にも似た帳場制と呼ばれる制度により、
たがいの技術を磨きあい、品質の良いめがねを提供しつづけてきました。

画像、文引用元:増永眼鏡とは | 増永眼鏡株式会社(福井県福井市 眼鏡フレーム製造・販売)

 

真面目な眼鏡といえば、国産。

そして、老舗であるMASUNAGAの眼鏡でしょう。

眼鏡の産地鯖江産にして、天皇献上品を受け持ったこともある老舗です。

 

f:id:sorosoro40:20201228093127j:image

その中でも「光輝000」はクラシックなモデル。

オーソドックスで、派手さはないですが、くっきりとした印象で「そこにある」ことを強調してくれます。

 

アセテートはイタリアの物らしいですね。

もちろん加工は国内の職人さんが行っています。

 

雰囲気

f:id:sorosoro40:20201228093120j:image

この、「くっきり」としつつも、悪目立ちしない感じ。

「眼鏡だね」といわれれば「ハイ」としかいいようのないような、直線的なフォルムにして、どこか主張してくれるバランスは名品としての風格を漂わせています。

 

実は、お店に入って最初に試着をしたのはこちらでした。

他にもいろいろ試着したのですが、全部「こちらとの比較」になってしまって。

そんな中心点のような存在感に、身を預けようと。

 

着画は見せられないのでネットから。

https://image.rakuten.co.jp/dekorin/cabinet/180506/kooki-000-65-7.jpg

画像引用元:【楽天市場】増永眼鏡 MASUNAGA 光輝 000 col-65 NAVYメガネ 眼鏡 めがね メンズ レディース おしゃれ ブランド 人気 おすすめ フレーム 流行り 度付き レンズ:デコリンメガネ

 

概ね雰囲気は伝わるでしょうか?

この凛とした存在感、たまらなくないですか?

お値段もそこまで高くありません。

 

 

オマケに…

f:id:sorosoro40:20201228093138j:image

 

所有していたヴィクター&ロルフの眼鏡に、うっすら色を入れました。

マスクのせいで、サングラスでは怪しすぎますが、ちょっと遊びの眼鏡が欲しかったので。

ライトブラウンに近い色を入れてもらい、ちょっとだけ「あそび」の雰囲気を。

 

ある意味で「光輝」とは違ったアプローチでファッションを楽しみたくて。

 

まとめようナ

f:id:sorosoro40:20201228093146j:image

普段使いのJINSも合わせると、それなりの本数になってきました。

この先、どのようなペースで眼鏡が増えていくのかはわかりませんが、レンズの色を変えることで雰囲気を変える楽しみも知ったことだし、時節・気分に合わせて楽しんでいこうと思います。