そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

『DONZOKO』は底ではないし、そこではない【このblogを読め】

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先にいっておきますが、『おしゃれな暮らし』系の記事ではない。

『こだわりの一品』の記事でもない。

そういった服飾の記事を読むのであれば、blog LINK先の諸先輩方のすばらしいblogを読んでいただきたい。

Bespoke、Vintage…美しい世界をそこにみることができます。

でも、僕は『そうじゃないけど魅力的な』服飾blogの更新を日々待っている。

 

一つは、なべこぱん師匠のblog。

切れ味と、テンポ、ふざけとまじめの流れのファッションblog。年一更新ですら、確約されない、かのblogはLINKよりお楽しみください。

 

今回はちがう、もうblogの話。

『服飾』について話しているが、これはファッションblogではない。(本人はどう思っているのかわからないけど)

 

生活blogの味付け、スパイス、胡椒が『ファッション』なのだ。

意味はわからない例えだと思うが、それはこのblogのテンポにやられているせいだ。

 

そのblogの名前は『DONZOKO』

おそらく、『どん底』のことだろう。

作者は先日オフ会した……K氏。
f:id:sorosoro40:20200104002715j:image


初めてあったときは、ピスタチオの存在を知らずに、殻ごと食べていた。「固いっすね」とかいいながら。

 

そんな彼だが、blog内の『読ませる力』は凄まじい。

力業だが、綺麗な写真を武器として使うでもなく、せいぜい撒き餌。

……とにかく、読んでほしい。

 

リンクを貼っておくので、読み、その後このblogへ一端帰ってきて、深呼吸をし、再び次のリンク先を入り口に潜っていただきたい。

 

いちばんおすすめの記事はこちら。

バブアーの話であるが、バブアーよりも、精神性のはなしである。

まずは読んでいただきたい。

blog.donzokochicken.com

『こういうこと』だ。

でも、誰もにある気がする『こういうこと』

つまり、着る服により気分が変わること。

「クワバタオハラがおったらそこは大阪や」と芸人の長野がいうように、「バブアーをきたらそこはロンドン」なのだ。

服を実用性ではなく、他者への評価や所属を表す社会性ではなく、自分の生命、精神、内部にあるものに費やすあたりこれは「ファッション」ではなく「スタイル」だ

 

そして、次は、生活の話。

blog.donzokochicken.com

なぜ、(当時)学生の食事を、しかも、こうきらめきのない日々の食事の話を読んでいるのだろう。

しかし、このあと無性に肉が食べたくなる。

 

最後は靴の話。

blog.donzokochicken.com

エイジングにともなう、経年変化のかっこよさには試練がつきもので、そのもどかしさ、いらいらがよく伝わるいい意味で駄文。

リンクのカードにも『エイジング写真もあるよ』と撒き餌を、靴好きに撒き餌を撒いているが、絶対にメインはソコではない。

フィーリングを、フィーリングのまま文にしてなにがいけないのだろう。読み手には伝わらないという致命的な「ナニカいい」という表現は、等身大のK氏の姿である。

 

かれは、なんやかんやウエストンも持っているし、いい古着ももっている。

でも、等身大に現代を生きる新入社員だ。

磨耗することも、消費することも、あるだろうが、それをそれとして、ソコにおき、足掛かりにして生きている。ピスタチオの殻を破りながら、生活している。

 

そこは、どん底ではない。

 

そして、困ったことに、この記事にあてはまるカテゴリーもない。一応、Barbour、Shoesてしておくが、彼にならって撒き餌。

しかし、なによりいいたいことは、かっこいいウエストンをしれっと履いて、ソコソコ似合うことが、うらやましいし、許せない。

昨日のオフ会で、踏んでおけばよかった。


f:id:sorosoro40:20200104104918j:image

 

二日酔いの頭で、彼のblogを読み返しながら、彼の毒気にやられた。気分はドンドンDONZOKOだ。