そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

知育おもちゃ「くみくみスロープ(公文)」は大人もはまる中毒性~プログラミング教育の基礎を見た~

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

我が家のおもちゃの中で、黙々と楽しめるものがあります

それがこちら「くみくみスロープ」

f:id:sorosoro40:20210505162548j:plain

 

 

少し前に坊に買ってあげたものですが、かなりの中毒性があり、大人もはまります。

その魅力と、教育的意義(?)についての記事です。

大人でも趣味になりうる可能性を秘めたおそるべきおもちゃではないかと…

 

 

 

 

 

概要

https://www.kumonshuppan.com/kumonshop/items/54474/imgrc0083787284.jpg

画像引用:NEWくみくみスロープ | 知育玩具,かんがえる | | Kumon shop

くみくみスロープとは

雰囲気をつかんでいただくためにこちらの動画をご覧ください。


www.youtube.com

 

いろいろなパーツを組み合わせながら、ボールをころがす自分だけのコースが組み立てられます。ボールがうまくころがっていくか注意しながら考えながら組み立てることで、創造力を高めます。大人も子どもも夢中になる、ベストセラーです

引用元:知育玩具 商品詳細 | くもん出版

 

公文が出している知育玩具です。

簡単にいれば、ピタゴラスイッチ的なモノを自分で作れるようなもの。

配色も鮮やかで目を引きますし、角が省かれていて幼児でも安心、扱いやすいです。

 

坊には「たっぷり100」というとにかくパーツの入りまくった基本セットをプレゼントしました。

f:id:sorosoro40:20210505162538j:plain

数多くのパーツ

 

夢中になる子供、ハマる大人

f:id:sorosoro40:20210505164109j:plain

説明書がついているので大人なら簡単に組み上げることができます。

ピース数も15から設計図が載っているので、子供でも安心。

もちろん、好きなように組み上げてオリジナルのコースを作ることもできるので、そのあたりはレゴなんかのイメージに近いです。

 

なので、非常に中毒性がある。

あ~でもないこ~でもないなんて言いながら親子二人で作業です。

 

f:id:sorosoro40:20210505162529j:plain

 

プログラミング教育

f:id:sorosoro40:20210505164906j:plain

さて、昨今話題になっている「プログラミング教育」ですが、かならずしも「ICT」やタブレットを使うわけではないというのが、意外と知られていないミソ。

要は、科学的、論理的な思考や学習を身につけるために、子供の内から「PDCA」と「トライ&エラー」になれていくというのが骨子のようです。

 

つまり、今回のくみくみスロープはうってつけ。

  • 思うようにコースが組みあがらない
  • 想像とは違う道筋をボールが通ってしまう

なんてことは、ざら。

油断すると大人でも間違えます。

 

その「失敗」や「予想外」を乗り越える力や、思考力は遊んでいても見につくでしょう。

 

 

まとめようナ

かなり中毒性の高いおもちゃですが、ハマる要素としてはこんなところ

  • 簡単な例からオリジナルまで、パターン無限大のやりこみ要素
  • 扱いやすい操作性
  • 失敗しても、やり直しが何度でも聞く。そのうえでの成功体験はアドレナリンが出る
  • 耳に残るボールの落ちていく音*1

 

3歳児から小学生まで位のお子さんにかなりお勧めです。

拡張セットもあります。

*1:人によってうるさいと感じるかも…