そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

児島ジーンズ~23ozのヘビーな履き心地~

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

がちがちごわごわのジーンズ。スタイリッシュとは言えないけれど…

 

気が付けば年末でいよいよオリンピックイヤーが始まろうとしています。

2019年は公私ともに変化の多い年でした。

そんな2019年そうそうに、実家近くのリサイクルショップでワンウォッシュでかったのが、このジーンズでした。


f:id:sorosoro40:20191206000957j:image

 

 

 

 

ブランド概要

「ジーンズといればスリムテーパード」というくらい細めのシルエットばかり履いてきた僕にとって、このようなレプリカ系のアメカジデニムを履いたことはあまりなかったです。

少しブランドについてみてみましょう。

繊維の町、岡山県倉敷市児島。そこに息づく職人達の確かな技術とモノ作りへの情熱は、
移り変わる時代の中でどんなに機械が発達しようと、変わる事無く人から人へ、世代から
世代へと受け継がれてきました。それはまさに児島の職人達のGENES(=遺伝子)                        引用元

 

つまり、「児島ジーンズ」の「ジーンズ」は「jeans」ではなく、GENES(遺伝子=GENE)ということなんですね。

児島デニムは世界のスーパーブランドも注目する良質なデニム。その名を冠し、児島で生産されるデニムは小ロットですが、なかなか目を見張るものがあります。

 

驚異のヘビーオンス

なによりも子のデニムの一番の特徴は驚異の23oz(オンス)通常のデニムが13.5と言っているに比べると非常に重いことが良くわかります。

ヘビーという名前がついていても8ozしかないBarbourのヘビーウェイトと比べるとその差は歴然です。

重さに比例するように記事はゴワゴワ。

糊付けすることなくとも立ちそうです(最近はそこまでいきませんが…)

 

その分、「色おち」はメリハリがつきそうです。

公式のsampleはこちら。

eshop.kojima-genes.com

 

シルエット

乾燥機に入れて最大限に縮めています。

シルエットを見てみましょう。
f:id:sorosoro40:20191206000908j:image

正面からです。

ドカンとストレートというより501的なほんのりテーパード。

なんやかんや、使いやすい形です。

洗練されてませんがそれもよい。

ザ・アメカジジーンズ。

 

裾は余ってますが、切ろうか迷い中。スタイリッシュな服じゃないし、アメカジっぽく着るなら切っちゃうと後々後悔しそうだし…

そもそも23ozってどこでも直せるわけではなさそうです。
f:id:sorosoro40:20191206000922j:image

横からです。

うーん、おしりが余る。

アメカジ的にはあまりピタピタなのもよくないのかもしれませんがもったりしています。
f:id:sorosoro40:20191206000928j:image

後ろの股上の深さがよくわかります。おしりとふととももの間の溜まりはロールアップすれば重みで多少は…ほんと多少は解決します。

 
 

ディテール

正面から。
f:id:sorosoro40:20191206001018j:image

形はオーソドックスな5ポケット型。

股下リベットもなく、ステッチもイエロー。

ぱっと見はどこの?となるくらい無名性。

しかし、やはりヘビーオンスのザラザラ感は見た目にもはっきりわかり、すでにうっすらひげが出はじめています。

 


f:id:sorosoro40:20191206001030j:image

詳しくないので、名前はわかりませんがリベットは突起なし。

このほうが引っ掛かりはなくてよいです。

またベルトループから白い糸がほつれてきています。

ヘビーオンスで縫いにくいからでしょうか、そういうつくりは「荒い」


f:id:sorosoro40:20191206001043j:image

コインポケット裏にもセルビッチ。

こういう基本は抑えているようです。

 
f:id:sorosoro40:20191206001058j:image

 ジッパーはこんな感じ。

USA製(?)らしいです。真四角で男らしい感じ。

ボタンフライのほうがクラシックですが、利便性で考えるとこちらのほうが‥‥


f:id:sorosoro40:20191206001121j:image

パッチは「漢字」

ジャパニーズソウルですが、この辺の野暮ったさは…ノーコメント。

ベルトしたら見えないしいいんですが、昔は絶対にいやだったので丸くなったな、自分という感じです。


f:id:sorosoro40:20191206001112j:image

アーキュエイトステッチなどはなく、バックスタイルもシンプルです。

こうして写真に見ると、色むらはだいぶ出てますね。


f:id:sorosoro40:20191206001135j:image

(当たり前ですが)コインポケットと同様なセルビッチ。

緑色の目に優しい色です。


f:id:sorosoro40:20191206001142j:image

裏地には「児島」の文字がいっぱい…

なにか相撲部屋かよって感じのイメージですが、気合が入ります。

 

まとめようナ

鬼履きするつもりはないので、そこまでバキバキの色落ちはしませんがこのヘビーオンスがどのようになっていくのか楽しみです。

ジーンズは元来通年ものですが、重すぎて夏には向きません…

この冬は質感の似たハリスツイードのジャケットやコートと合わせたいです。

 

上手に色落ちさせる自信はありませんが、経年変化も楽しみです。