そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

Tricker's KESWICK のメンテナンス(2)【shoes(革靴)】

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さて、まずはおなじみ丸洗いをしてみたいと思います。

フルメンテをすると決めたので、しっかり洗浄し、その後クリームや多少のワックスを乗せていきたいと思います。

 

 前回の記事はこちら

srsr.hateblo.jp

 

 その他丸洗いはこちらから

www.sorosoro40.com

 

 

方針

f:id:sorosoro40:20191211204919j:image

紐を外した姿がこちらです。

履き皺もしっかりと入り、よく見るとブローグの中には埃が…

せっかくのフルメンテ、水でさっと流すだけでなく、しっかりと洗いたいですね。

 

水洗い開始

f:id:sorosoro40:20191211204931j:image

というわけで、水を張った洗面台にブラッシング&簡単な水拭き後の靴をドボン。

しっかりと浸していきます。

前回のパラブーツほどではありませんが、ある程度は水をはじいてくれます。
srsr.hateblo.jp

初めは靴が浮いてきてしまうので、しっかりと手で押さえて漬けます。

そうこうしているうちに革が水を吸い始めるので、だいぶ浸ってくれます

 

そのまま10分ほど放置。


f:id:sorosoro40:20191211204942j:image

浸している間にブローグからポコポコと気泡が出てきました。

生きているみたいですね。

 

ブローグの埃に仮面ライダー

f:id:sorosoro40:20191211204953j:image

その間に用意したのは、坊の使い古しの歯ブラシ。

ゼロワンでした。

こちらを使って、ブローグの中の埃をかきだし、しっかりときれいにしていきたいと思います。

サドルソープを歯ブラシの先端につけて、ブローグをごしごし。


f:id:sorosoro40:20191211205002j:image

水の中でこすったり、水面上ですすぎながらこすったりと一穴ずつ洗浄していきます。

この画像でもわかるかもしれませんが、水面は早くも濁りはじめ、誇りや砂のようなものが穴飾りから出てきます。

たまにはこうやって掃除をしてやることも大切だなと改めて実感。

ありがとう、仮面ライダー。

ありがとうゼロワン。

 

サドルソープ

f:id:sorosoro40:20191211205009j:image

おなじみ、サドルソープをスポンジに着けて泡立てます。

ブローグ周辺も先ほどのかすがついていたりしたので、しっかり。

 

洗浄後

f:id:sorosoro40:20191211205039j:image

お見苦しいですが、やはり水はしっかりと濁り、かすが浮いています。

靴の中に汚れがたまっていたことと、それが出てきたことの表れです。

洗ってよかった。

 

乾燥
f:id:sorosoro40:20191211205028j:image

このまま24時間くらい玄関で乾燥させました。

本当はもう少し短くてもよいと思いますが、仕事の関係でどうしても手入れは夜になりがち…

新聞は職場で読む派でうちに古新聞がないので、靴の中にはキッチンペーパーを詰め込んでいます。

 

次回は、保湿クリームの刷り込みからはじめ、若干のお化粧もさせようかと思っています。

 

続く。