そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

1歳児のオーダーメイドファーストシューズ

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:sorosoro40:20210314141024j:image

先日、お嬢が1歳を迎えました。

友人のSewnの鈴木さんにもご協力いただき誕生日プレゼントとして、用意することができたのは、ファーストシューズ。

www.sorosoro40.com

 

今回は、Sewnにとっても商品開発の試作品ということもあり、時間をかけつつ、丁寧な対応をしていただきました。

仮靴までありましたから(笑)

www.sorosoro40.com


1歳児ながら、そして人生初靴ながらオーダーメイドの革靴を手にするというお嬢。

父の趣味爆発ですが、その詳細をまとめてみました。

 

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20210314141056j:image

Sewn shoe-maker/ original First Shoes 

Tストラップのかわいらしい靴。

女の子らしく(?)まぁるい見た目のかわいらしい靴です。

ベージュブラウンの優しい見た目からは、素足のようなナチュラルな雰囲気が漂います。

 

そもそもファーストシューズとは…

赤ちゃんが初めて履く靴(そのまま)ですが、意外と言い伝えやジンクスが多いです。

赤ちゃんが履くファーストシューズには、初めて履く記念の靴という意味以外にも、さまざまなジンクスや言い伝えがあるようです。諸説あるようですが、玄関にファーストシューズを飾るとその家に幸せが訪れるという言い伝えや、親以外の人からもらうと縁起がよいというジンクスは、一般的にも知られているようです

引用元:ファーストシューズとセカンドシューズの違い。買う時期や選び方、意味や言い伝えなど|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

 

今回の靴も実用性というよりは記念靴の意味合いが強いです。

1歳、初めての誕生日ということで祈りを込めてプレゼントしました。

 

 

ディテール

ハンドソーンウェルテッド製法

f:id:sorosoro40:20210314141106j:image

なんと、ガチのハンドソーンウェルテッド製法(10分)になります。

つまり、こんなかわいい見た目なのに、中にコルクが入り、すくい縫い、出し縫い…などの工程をしっかり踏んでいるということですね。

職人の技が詰め込まれた、本格紳士靴顔負けの1足です。

 
f:id:sorosoro40:20210314141118j:image

ソールもレザーソール。

しかもヒドゥンチャネルになっています。

飾り釘の紋様もかわいいですね。

 

さて、ここまででお気づきの方も多いですが、

 

「1歳児歩けなくね?」

 

という状態です。

 

まぁそうですね。

ここまで本格的に作ってしまうと、返りも悪く滑るので(1歳児が)歩くのには向いていません。

今回の靴は「1歳児のセレモニー用」兼「歩かない外出時用」となっています。

(贅沢…)

 

革は…

f:id:sorosoro40:20210320155532j:image

艶やかでなめらかなこちらの革は、ベビーカーフのヌメ革です。

きめ細かく光沢の美しいベビーカーフは子供の瑞々しい雰囲気にマッチしますし、ヌメ革の経年変化は成長の象徴にもなるだろうということで、選びました。

 

ファーストシューズならではのディテール

f:id:sorosoro40:20210314141039j:image

子供に靴を履かせて抱っこしていると、いつの間にか靴を落としてくる…なんてことはないでしょうか?

その防止の裏ワザとして、「かかとのループにヘアゴムを通し、ゴムを足首にも通す」というものがあります。

というわけで、ヘアゴムが通せるようにかかとのループもスナップボタンで撮れるようになっています。

 

なお、このループを留めるのも手縫いだそうで…

恐ろしく手間がかかっています。

 

着画

f:id:sorosoro40:20210320155348j:image

お嬢も初めてちゃんと履く靴に興味津々。

ずっと撫でてました。

ベビーカーフのきめ細かさはやはり気持ちいいのでしょうか?(笑)



f:id:sorosoro40:20210320155506j:image

そして、この靴を履いて「一生餅」の儀を執り行いました。

父、満足です

(親族、若干引き気味)

 

まとめようナ

今回の靴はSewnにとっても「試作品」の位置づけにもあるのでややスペシャルなものになっています。

【もうすぐ完成といい続けているALDENk】と同じです。)

 

商品展開される場合には、もうすこし実用性を求めて仕様変更されることを検討中だとか。

一生に1回のことだからこそ、記念として願いを込めた靴を送ってもよいのかと思います。

自分自身の靴は多くある中、この靴はかなり特別。

ある意味で一番手元に来てうれしかった靴なのかもしれません。

ループのことや革のことなど、わがままを聞いてくれたSewnさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。