そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

再構築と再解釈:Rebuild by needles

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

サスティナブル…

「持続可能な」という意味で、特に地球の自然環境の維持に役立つ事業や開発、自然環境に配慮した行動を指します。

服あまり…という言葉が正しいのかわかりませんが、ブランドがどんどんコレクションを発表する一方で廃棄される服の多さ。

その観点から、リユース、リメイクなども服の再生という観点で注目されていると思います。

そんな中「リメイク」ではなく「リビルド」を語るブランド。

ここのコートはとてもお気に入りです。

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20190213191416j:image

rebuild by needles

数年前、「買うつもりじゃなかったのに」試着したら魅力にやられ、購入。

しかも、お店にあるすべてのサイズを試着しました。

なにせ、「パッチワーク」されている布の色の面積が微妙に違い…

サイズ感によっても似合う似合わないがだいぶ違ったのです。

 

rebuild by needlesとは

「ネペンテス(NEPENTHES)」の代表であり、ニードルズ(NEEDLES)のデザイナー清水慶三氏のプロダクトです。

「過去に大量に作られたものの、今の時代に街で着る洋服としては存在しにくいもの」を再構築し、新たなる魅力を引き出すプロダクトです。

「リメイク」ではなく「リビルド」

つまり、「製作」ではなく「構築」なのです。

そこに大きな違いがあるのかわかりませんが、ニュアンスとしてはただのリメイクを超えた服の生誕を目指しているように取れます。

 

かつて所有していたシャツ

http://wm.digital-mountain.info/wp-content/uploads/2019/03/DSC_0928-750x1000.jpg

引用元:Rebuild by Needlesのリメイクモデル最新作や、Needlesおすすめの新作をご紹介!〜Needles〜 | Wonder Mountain Blog

 

かつては、こちらのフリルシャツ(もちろん、この写真の物とは微妙に違います。)も所有していましたが着こなせず、気恥ずかしく手放してしまいました。

後悔しています。

 

今回のコートは…

ステンカラーコートとしての形

f:id:sorosoro40:20190213191404j:image

今回の形はステンカラーコート。

ベーシックなアイテムであり、形としては大きく奇抜さはありません。

製法?というか、生地がどうしたって特徴的なので形はベーシックなほうがバランスが取れるのでしょう。

前述のシャツに比べれば、人を選ばないのだと思います。

 f:id:sorosoro40:20190213191814j:image

ポケットもサイドにあるフラップポケットのみ。

なんとインナーポケットもありません。

潔くファッションのアイテムであるといえます。

 

素材は(プチ)ヴィンテージのチノ

f:id:sorosoro40:20190213191442j:image

リビルド(リメイク)元はチノパン

試着した他のものを見ると、TOMMYなども使っているよう。

本当に市場に出回ったチノパンをしようしているのでしょう。

なお、写真に写るのはDOCKERS(ドッカーズ)のタグ。

リーバイスが、1986年に設立したブランドです。

f:id:sorosoro40:20190213191521j:image

当時、バックポケットとして活躍していた箇所。

…というのも、縫いつぶされているので、ここはポケットとして使うことはできないのです。

あくまで装飾。

 

 

サイズ感やシルエット

サイズ感についてはXSでも大き目でした。

発売の時期はオーバーサイズがはやり始めた2016年~2017年ごろ。

かなりのたっぷりとしたシルエットです。

また、裾はボリュームがでるように膨らんでいます。

 

滝藤賢一さんもご愛用

https://www.webuomo.jp/wp/wp-content/uploads/2017/12/kenichitakitoh-171228-d1.jpg

引用元:オール私服スナップ! 滝藤賢一、着たい服だらけの30日間#1 | FASHION | UOMO | WEBUOMO

お洒落芸能人として有名な滝藤賢一さんも所有しています。

この余裕をもって着る感じ、かっこいいですね。

 

コーディネート

 

https://www.instagram.com/p/BbMaoLbAtpg/

こちらは秋ごろ、結構すっきりと着ています。

コートが主役として目立つので、他の物はシンプルに。


f:id:sorosoro40:20190213191545j:image

 

こちらは真冬に、重ね着に重ね着。

ニット×ニット×コート

それでも有り余るサイズ感です。

 

まとめようナ

改めて考えると、実に「ファッション」的なアイテムです。

本来、パッチワークは、一つの物を長く生きながらえさせるためにつぎはぎをしていくもの。

一方でこちらは、ある一定の寿命(旬の終焉、引退)を迎えた服を「素材」に戻し、再構築されています。

「パンツ」が「コート」になっているのも実に「再構築」

そして、実用性より「お洒落」のための服。

潔くて、かっこいいです。
f:id:sorosoro40:20190213191827j:image

色を排すとチェックに見えます。

このバランスが素敵。