そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

Polo Ralph Laurenのスーツとの付き合いが変わるか

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ここ数年、冬のスーツに愛用していたのが、ラルフローレンのスーツです。

当ブログをご愛読いただいている皆様からすると「またRalphかよ」といった感じでしょうか。

正直、あまり自覚していなかったのですが、やはり安心のラルフローレン。

ワードローブにおける比重は高いのでしょう。

 

さて、衣替えを期に、メンテナンスをして、押し入れへ。

その前に一度まとめておこうと思った次第です。

 

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20200317215231j:image

 Ralph Lauren Stripe Suits

 

まぁまぁ大柄なストライプ

主張はばっちりですが、場面によっては突っ込まれてしまうときもあるので注意が必要です。

たぶん、貫録負けしているのでしょう。

 

レーベルは…

f:id:sorosoro40:20200317215344j:image

 ラルフローレンと言えばのポロラルフローレン。

さすがにスーツなので、例の馬に乗った人はいませんが。

これは、未使用品を古着屋さんで購入しました。

90sか00sのロゴ変更前あたりの物とのこと。

体型さえ合えば、古着屋で昔の物を買ってもおもしろいです。

そのあたりはハウススタイルのシルエットの話の時に。

 

ディテール

生地・柄

(ネイビーで埃が目立って、すみません…)

f:id:sorosoro40:20200317215240j:image

 ホワイトの二重線と、パープルのライン。

ワイドピッチなので、貫録ばっちり。

パープルのラインはネイビーに埋もれてそこまで主張はしません。

 

ハウススタイル

f:id:sorosoro40:20200317215252j:image

さて、ラルフローレンのスーツは「肩幅広目」からの「ウエストシェイプはっきり」ということが多いです。

特に初期から90sにかけてその傾向は強い気がします。

どうやらラルフローレン本人の肩幅が広いことも起因するよう。

この辺りのことは、ブレザーのところでも触れましたね。

www.sorosoro40.com

 

また、このスーツは、二つ釦です。

(僕にしては珍しい)

しかし、新鮮なのはVゾーン披露目のやや古い形。

中にジレを着こんで、広めに見せるスタイルが面白くて好き。

 

着画とコーディネート

上半身のスーツスタイル


f:id:sorosoro40:20200317215304j:image

中に、白のボタンダウンを合わせています。

スーツにボタンダウンどうなん?みたいな意見もありますし、個人的にもジャケパンに合わせたいと思っていますが、この日はそうしたかった気分なだけ。

ラペルの幅は中庸~やや広め。

ゴージラインは高めです。

肩は広いのですが、「パッドがっつり」 ではないので、どこか丸みがあります。

 

パンツの雰囲気

f:id:sorosoro40:20200317215318j:image

2インタック でクラシックな雰囲気。

そして、ボタンによるサイドアジャスターがあります。

ベルトが必要ないのでベルトループは近々取ってもらう予定。

 

コーディネート

https://www.instagram.com/p/B4Rr2JZJz59/

BEAMSオリジナルのパープルのストライプネクタイとの合わせがお気に入り。

この日はオリーブのベストと合わせています。

合わせは近くても、若干変更したのは以下… 

https://www.instagram.com/p/B54nfPwl48x/

ネクタイは同じです。

シャツはサックスブルーのレギュラーカラー

ジレをバーガンディの物にかえています。

 
まとめようナ

なかなかスーツは奥が深くて難しいです。

しかし、冬用のスーツを仕立てたいと思っています。

その際には、こういったインパクトのあるスーツはうまいこと私服で着れないかなぁとたくらんでいます。

付き合い方を変えるために、今のうちに着こんでおきます。