そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

30代夫婦、今年のペアアイテムはL.L Beanのトート。

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

f:id:sorosoro40:20210724093746p:plain

毎年7月は交際記念

結婚記念日は8月なのですが、交際も忘れないようにという形で7月にペアのアイテムを購入することとしています。

今年は、長く使えそうで、かつ実用性の高いものにしました。

 

ちなみに、昨年度はこちらです。

www.sorosoro40.com

 

 

 

 

購入品の概要

f:id:sorosoro40:20210717094621j:image

L.L BEAN / TOTE BAG

大定番のトートバッグです。

ファッションが好き…というわけでなくても、パパママ世代の方にとっては馴染みの深いものでしょう

昨年のセントジェームスのカットソーもそうですが、やはりていばんひんにおちつくものですね。

 

L.L Bean(エルエルビーン) とは

L.L.Beanは、アメリカに本社を構えるアウトドアブランド。1912年に、アウトドア愛好家であったレオン・レオンウッド・ビーン(L.L.Bean)によって設立されました。100年以上の歴史を持ち、アウトドア用品をはじめとして、カジュアルウェア、バッグやトラベル用品など豊富な品揃えを誇ります。

引用元:100年愛されるL.L.Bean!その魅力と人気のアイテムをチェック!

アメリカの大手メーカーであるブランドですし、知らぬものも少ないでしょう。

今回購入したトートバッグは有名ですがその他にもウェアも有名ですね。

ヴィンテージ市場でも希少なものから、グッドレギュラーまで幅広い層に愛されています。

 

なぜエルエルビーンのトートにしたのか

そもそも1年まえにも候補に上がっていたのですよね。

その時は服が欲しかったので、セントジェームスに軍配が上がったわけですが、やはりいいものはいい。

特にお嬢もお出かけができるようになって、奥さんとしても丈夫なトート(ショルダー)が必要になってきた…というわけです。

 

それぞれのトートバッグ

奥さんのトート【ジップタイプ・現行】

f:id:sorosoro40:20210717094628j:image

サイズ:スモール

カラー:フォッシルブラウン

備考: ジップタイプ、ショルダーストラップ付き

 

奥さんは完全に実用性重視の現行品です。

お譲渡のお出かけ用とはいえ、もう少し荷物が入るときには大きな物があるので「ちょっとお散歩」くらいのつもりらしいのでサイズはスモール。


f:id:sorosoro40:20210717094635j:image

このブラウン、いい色ですよね。

茶色すぎず、家と言ってライトブラウンよりも落ち着いています

 


f:id:sorosoro40:20210717094644j:image

先にも書いたように、お嬢の水筒、おもちゃ、おむつセット…などを簡易に持つためのバッグということでジップ&ショルダー付き。

荷物が見えないようにすることにも、そしてお嬢が勝手に荷物をぽいぽいするのも防いでくれます。

 

 

僕のトート【ヴィンテージ・80s】

f:id:sorosoro40:20210717094653j:image

サイズ:ミディアム

カラー:レッド

備考: 80s

 

一方で僕は趣味重視のヴィンテージ品。

80sのものにしました。

無難なのはネイビーですが、このクタリ感が少し出てきたボディにフレッシュな赤がアメトラに合いそうで良くないですか?


f:id:sorosoro40:20210717094701j:image

ヴィンテージの証の二色タグ。

堂々たる80sの証明です。

概ね同い年くらいということでしょう。


f:id:sorosoro40:20210717094708j:image

サイドには青ステッチの「耳」もあります。

全然機能には関与しませんが、こういったディテールに魅力を感じてしまうのが、我々服好きでしょう。 


f:id:sorosoro40:20210717094719j:image

ヴィンテージ品らしく、薄汚れています(笑)

ゆくゆくはオキシクリーンやウタマロ石鹸できれいにしてやらねばなりませんね。

 

 

僕は、お嬢には使わないよ

ちなみに僕はお嬢の荷物をいれるのならばこのカバンは使いませんよ?

だって汚れてるし、手持ちだし・・・・

僕には坊のときから頼りになるパパバッグがありますんで、そちらを活躍させます。

 

www.sorosoro40.com

 

 

まとめようナ

 「母親」としてのアイテム選びをしている奥さんと、いつまで立っても趣味のアイテム選びをする僕。

これだから男はいつまでたっても子供…なんて言われてしまいそうですね。

でも、二人のモノ選びの基準がすこし違ってもこうやって「同じものを持ちたい」とお互いに考えていられることは幸せだと思います。

来年になると、また少し変わるのか…ナ?