そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

着地後に、跳ぶ。

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

さきに、「ふくはうちの記事」をお読みください。

 

www.sorosoro40.com

 

f:id:sorosoro40:20200613223035p:plain


ヤモリがその足の構造により、分子間力を利用して壁にしがみ付いていられるように。

小さな力でも、集めてみれば…なんてことを期待してもいいのでしょうか。

 

ひとつ前のエントリー、「ふくはうち」の記事について。

12名の方々と共に、少しずつ知恵と、服靴への愛をを集めて、無事完走を迎えたこの企画。

 

きっと「コロナウイルスから世界を救う」なんて大きなことはできなかったでしょう。

でも、もし

 

「BLOGって面白!!」

 

なんて思っていただけたら。

読んでいただいた方々の「日常の不安」が少し消えたなら。

みんなの「おうちじかんの幸せ」が少し増えて、元気玉のように集められたら。

それはもう立派な成果として胸を張りたい。

 

少年ジャンプを読んで育った僕からしたら、漫画の中のヒーローのように誰かを笑顔にしたいのです。

 

実に用地で夢見がちな30代オジサンが思いついた、単純なこの企画。

賛同していただいた12名の仲間には本当に励まされましたし、勇気をもらいました。

 

むしろ12個の記事を誰よりも目を輝かせていた読者は、僕なのかもしれません。

 

本当に、ありがとうございました。

 

さて、僕の「ふくはうち」記事はいかにも「カッコ」のつけすぎで。

いかにも、大それた感じになってしまいました。

 

そもそも

 

「格好をつける」

 

「括弧を付ける」

 

の掛詞も、ジャンプ漫画のスーパーヒールのオマージュですしね。

なんなら彼は、所属する学園のマイナス「十三」組。

ネタが細かすぎで、ここは気付いた人はいたのか不明の自己満足ですね。

 

……話がそれてしまいました。

 

そんな「大それたこと」の述べた「ふくはうち」記事。

その最後のまとめで言っていたことは、「未来への希望」であります。

 

blogを始めたくなった皆さん、一緒に遊びましょう。

顔も合わせたことない人同士でも、距離を超えて、時間を経て、わいわいやるのも楽しいですよ。

 

「blogは続かない…」なんて人でも大丈夫。

僕も、このブログは全然更新しない1年少しはありましたし、更新せずにやめたblogは3つありますから。

 

ぴょんっとジャンプして、新しいことを始める。

 

「新しい生活様式」は「しがみついている壁から離れてみる」ことから始まるのかもしれませんよ。

 

さて、「めでたし めでたし」できれいに終わっていた前回の記事。

このような話は余分だったのかもしれませんね。

 

蛇に足を足しても、ヤモリになるわけでもあるまいし。