そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

セレオリを愛用する~Districtのベストから~

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:sorosoro40:20211127092204p:plain

ちょくちょく書いていますが、ベストが好きです。

おそらく、ファッションに目覚めた大学生の頃、(後に木こりと揶揄される)ベストを着とけばいい的なブームがありました。

こんな元体験があるから、というのも無理矢理かも知れませんが、ベストのスタイルには惹かれてしまいます。

これまでも、ベストについて記事にしたこともありましたね。

www.sorosoro40.com

 

さて、一昨年くらいからセレオリのベストをちょいちょい買っています。

 

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20211127085042j:image

District UNITED ARROWS / Plaid Vest

昨年の購入ですが、コロナによる影響もあり、洒落たスタイルで出掛ける機会も激減。

結局着ていないのです。

今年こそは、登板させたい…

 

Districtとは

https://unitedarrows.s3.amazonaws.com/storelist/uploads/ltdbrand-20170323032006-666.png

ファッションの本質を支えるのは'創造性'と完成度の高いものづくりを目指す'職人精神'。
クリエイティヴィティとクラフトマンシップがテーマのDistrict UNITED ARROWSは
'ファッションの本質的な価値と魅力'を伝え続けます。

画像・文引用:https://store.united-arrows.co.jp/storelist/dst.html

 

言わずと知れた日本の有名セレクトショップUNITED ARROWSのラインのひとつである、DISTRICT(ディストリクト)

グリーンレーベルリラクシングなどにくらべ、やや上質。

ハイエンドとまではいかないまでもセレオリのなかでは

高級なほうなのかな。

 

昔は栗野宏文さんがディレクションを行っていましたね。

(今はどうなんでしたっけ?)

 

余談ですが、栗野さんは、非常に尊敬しています。

 

https://media.gqjapan.jp/photos/5d909b3f65c72f00085078f1/master/w_1600,c_limit/1.jpg

画像引用:達人たちに聞く──スーツの履歴書【前編】 | GQ JAPAN

栗野宏文さんといえば、ファッションメディアにも多く登場する洒落者。

着こなしやアイテムチョイスが、すばらしく恒久的な定番品やクラシックなアイテムと流行の合わせが抜群。

このスーツもディストラクトだそうで。

 

https://therakejapan.com/web/wp-content/uploads/2021/11/MUG2352-e1635727712533.jpg

画像引用:コロナ後のファッションはこうなる!? 栗野宏文さん | THE RAKE JAPAN | The Modern Voice of Classic Elegance

また、別の記事では、よりベーシックなスタイル。

カルーゾのジャケットに、SCYEのパンツ。

この絶妙なサイズ感が凄いんですよね。

 

ディテール

f:id:sorosoro40:20211127092402j:image

さて、本題。

今回のベストはグレンプライト。

グレーだとかっこいいのですが、結構貫禄が必要。

ベージュくらいが、伝統的な柄とやわらかさのバランスが使いやすいのでは?と思ってのチョイス。


f:id:sorosoro40:20211127085059j:image

背面・及び裏地はカーキ。

悪目立ちせず、表地との親和性もわるくないです。

素材は普通にキュプラ。

 

愛用たる所以


f:id:sorosoro40:20211127085107j:image

さて、実は先に色柄違いで持ってます。

こちらは、ワインレッド。

コーディネート例はこちら。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by そろそろ (@sorosoro40)

 

このように、セレオリですが、愛用おかわりしているのには一応理由が。

このようなな柄や色味は使いどころが限られるので、汎用性が高いとは言えません。

あまり費用をさけないんですよね。

とはいえ、ジャケットとパンツに挟まれてちょっと洒落っ気を出すのにちょうどよいんですよ。

 

こうなったときに、価格とデザインのバランスがよいのはセレオリ。

しかも、ディストリクトは、アウトレットやセールでかなりお買い得になることもあります。

それでいて、一応日本製というおまけもついてくるので、秋冬ワードローブのスパイス役としていいんですよ。

 

 

コーディネート

f:id:sorosoro40:20211127085118j:image

Vゾーンのみだとこんな感じ。

薄い色味ばかり集めてしまって、のっぺりしてしまいました…


f:id:sorosoro40:20211127085124j:image

遠目に見るとそこまでは柄が目立ちません。

これくらいの案配が使いやすいです。

 


f:id:sorosoro40:20211127085132j:image

Jacket:Ring Jacket

Tie:Stefano cau

Shirt:土井縫工所

Pants:belvest

 

ブラウンとベージュ、ピスタチオグリーンのアースカラーでまとめてみました。

優しく、真面目そうな人に見えませんか?(笑)

 

 

まとめようナ

セレオリはクオリティの割合に、コスパが悪い…と考え、買わないようにしているときもありましたが、セールやアウトレットで色柄を、選びやすいのは利点。

 

そして、トレンドを追うのは趣味でないものの、ほんのり時代が薫るアイテムをクラシックなスタイルに混ぜていけるといいのかと「流行」に対する考えも寛容になった今だから上手く使いこなしたいですよね。

 

ベスト、ネクタイ、チーフ、靴下なんかはこのスタイルで遊んでいきたいなと。

普遍的な、クラシックな、経年変化を楽しむようなアイテムとは違う「愛用」をしていきたいと思います。