そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

OKAZAKI MEETING 12/29

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

年末年始には二つの会合がありました。

その中の一つ。

29日には、Sewn shoe-makerの鈴木隆太さんと、セガオワくんoboistさんとの2019打ち上げ兼忘年会。

 

 

oboistさんと、Sewn shoe-makerさんは、絶賛コラボシューズの開発中…

また、セガオワくんは、今年度Sewnでビスポークを注文した…という縁での参加です。

僕ですか?僕は、まぁ、ふたりと共通の知り合いでありバーターです。


f:id:sorosoro40:20191229225041j:image

早めに到着してしまったため、いつも通りSewnの靴作りの見学と、僕の靴の打ち合わせを。


f:id:sorosoro40:20191229225100j:image

Sewn謹製ブラウンフルブローグは3年目ですがオールソールの時期。

年明けにお願いします。

こちらは、ビスポークではなく、サンプルシューズの放出セールで買ったもの。

ものすごく木型が僕にあうのです。羽の閉じすぎ問題のみクリアしたら完璧。

 


f:id:sorosoro40:20191230073843j:image

この日は件の【oboist model】の作業や、ハンドソーンでの底付けの一部を見させてもらいました。

 

theoboist.net


f:id:sorosoro40:20191230073644j:image

そして、時間が来たら一路岡崎へ。

オボイストさん、セガオワくんと合流し、忘年会です。


f:id:sorosoro40:20191230073551j:image

f:id:sorosoro40:20191229225139j:image


f:id:sorosoro40:20191229225812j:image

モデルの開発者の二人。

侃々諤々、コスト面とクオリティ面と、多方面から靴のあり方について語られます。

個人的に見ても、非常にコストパフォーマンスがよく、また、「オーダーメイド靴屋」が作る靴といった特徴を押さえていると思います。

 

あぁ僕も欲しい。

詳しい情報はオボイストさんのblogを確認です。

 

そして、気になったものとしてセガオワくんの格好から。
f:id:sorosoro40:20191229225318j:image

まずは大人気オーラリーのコートから。

肩を落として着るような今時のシルエットです。

この間訪ねた岐阜のセレクトショップでも扱ってました。

 

www.sorosoro40.com

 

色もイエローベースとして、男性が着るには少し計算が必要な感じ。

(黄色いバブアー着こなせないもん)

 

セガオワくんは、インナーに着たpatagoniaやオリーブの軍パンてカジュアルにあわせています


f:id:sorosoro40:20191229225154j:image

そして、このSewn bespoke shoes

写真では見えにくいですが、なんと同色(黒)のハンドメイドのチェーンステッチ。

ヒールはキャッツポウ。カジュアルな格好にベストな回答ですね。

ビスポークで、カジュアルシューズ…うーん、かっこいい…


f:id:sorosoro40:20191230073429j:image

そして、さらばのご挨拶。

6時の位置より、僕→隆太さん→オボイストさん(oboist model)→セガオワくん

 

隆太さんの履いているモデルもoboist modelと同時期にインラインとして出るようです。(デザインや仕様は変わるようですがもっと、スニーカーぽくなる様子)

 

2019年もあとわずか、2020は、更なる進化をもとめていきたいです。

打ち合わせにあったoboist modelはもちろん、カジュアルなビスポークシューズも欲しいです…


f:id:sorosoro40:20191230073529j:image

でも、まぁまずは色々な靴のリペアからだなぁ…