そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

懐中時計が増えました。Illinois(イリノイ)のアンティーク。

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

趣味の沼が増えるということは恐ろしいものです。

(前にもこんな言い回しをしたのでは?)

アンティークの懐中時計が欲しくなっていましまして…

色々悩んでいたところ、オークションで手ごろなものが見つかったので…

 

 

 

 

 

概要

f:id:sorosoro40:20200718162903j:image

Illinois / Antique Pocketwatch

家の椅子の上に置いているだけですが、非常にいい雰囲気。

時代を超越した、渋みと味わいを感じることができます。

製造は1921年ということで、もうまもなく100年です。

Illinois(イリノイ)とは

 イリノイは1870年に設立された歴史の古い時計メーカーの1つで、懐中時計メーカーとしてその名前を知られることになります。1926年に創業者が亡くなりますが、その死後のすぐともいえる2年後、1928年になってハミルトンに買収されてしまいます。

引用元:イリノイの歴史と特徴 - 1870年創業のアメリカの時計メーカー | メルシーウォッチ 

 

懐中時計に関心を持つことになった今年になって、初めて目にするメーカーでしたが、アンティークポケットウォッチの世界では有名どころ。

アメリカのメーカーですね。

鉄道局の時計として使用されている経緯があります。

この時代、鉄道と時計は切っても切れない関係。

Ball Watchも深い因果関係があって発展していましたね。

 

www.sorosoro40.com

 

さて、上記リンク先には、こちらの広告も載っています。

https://www.melsy.com/wp-content/uploads/siteuse/cont-adillinois1928.jpg

 

この広告の情報に描かれているのが、今回獲得したモデルです。

 

Bunn Special(バンスペシャル)とは

この懐中時計のモデル名は、イリノイの代表格バンスペシャル

ムーブメントも他のモデルに比べて凝っている(らしい)ので、グレードの高いモデルなのだとか。

僕の物は違いますが、バンスペシャルの中では、60時間稼働などという1900年代初頭にしておそろしいパワーリザーブを持つモデルもあります。

 

入手の動機

www.sorosoro40.com

www.sorosoro40.com

 

クォーツのモデルを年始に獲得し、一気に興味を持った懐中時計。

そこに念願のアンティークチェーンを手に入れました。

そうなると、そりゃ欲しくなりますよね…

  • アンティーク
  • 機械式
  • ゴールド(チェーンを使いまわすため)

という条件でコツコツ探しました。

 

 

ディテール

文字盤


f:id:sorosoro40:20200718190631j:image

文字盤はポーセリンで美しい光沢を保っています。

多少のヘアラインが入ってい待っていますが、目立つような大きな割れもありません。

うまく取れませんが、赤茶の針が渋いです。

スモールセコンドは、6時位置に配置され、それにより欠ける「5」「7」がデザインとして素晴らしい… 

そして、ダブルサンクダイヤルという仕様で、中央部が一段下がっております。

 

 

f:id:sorosoro40:20200718162948j:image

面白いのが、時刻合わせ。

まずは表蓋を外します。

そして、1時付近にあるレバーを引き、露出させます。

その後に竜頭を巻くことで時刻合わせができる仕組み。

剣引き剣回しという機構のようです。

 

 

裏蓋


f:id:sorosoro40:20200718162914j:image

裏蓋にはがっつり掘りがありました。

手彫りでしょうか?

ネットでみた他のモデルにはないのでかつてのオーナーが以来しれ入れたものでしょうか?

こういった「一点もの」の魅力プンプンです。たまりません。

 

裏蓋の裏

f:id:sorosoro40:20200718162927j:image

シリアルナンバーが記載されているほか、「GOLD FILLED」という金張りの証明も。 

こういったところにもロマンを感じてしまいます。

 

機構


f:id:sorosoro40:20200718172609j:image

裏ブタを外すと、中の機構を見ることができます。

埃の混入が怖いので、滅多に開けるつもりはありませんが、やはり壮観。

NOMOSもそうですが、手巻きにはローターがないので、テンプの動きが良く見えて実に楽しい。

 

 

まとめようナ

100年前の機械がこうして目の前にあること、そして働いていることはすごいことではないでしょうか。

なにせ、100年前のアメリカの誰かが、誰かのために、時間を知る道具を作り、幾多の人の手を超えて僕の掌にある。

 

高性能な時計や、芸術的な高級時計とはまた違った、鈍い光が確かに感じられます。

きっと、思考の中にしかないような、嗜好の限りの、至高の輝きかなのかナ。


f:id:sorosoro40:20200718172639j:image