そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

Barbour BEDELEのメンテナンス(3)【Barbour(バブアー)】

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

結局1週間、干したままに。平日はいじれません。

 

 

さて、洗うは洗ったバブアー。

 

srsr.hateblo.jp

srsr.hateblo.jp

 

 

数日間乾かすと

 

 


f:id:sorosoro40:20191012152029j:image


f:id:sorosoro40:20191012152021j:image
かなりのカサカサ。

そりゃ、6ozしかないですもん、早急にワックスを入れないと破れそうです。

 

ちなみにこの状態でも、霧吹きの水は多少はじきました。

3回洗濯したくらいでは、完全にWAX除去するのは難しそうです。


f:id:sorosoro40:20191012151907j:image

いよいよ登場、E缶緑缶 

 

f:id:sorosoro40:20191012151856j:image

はじめはカチカチのロウ。


f:id:sorosoro40:20191012151921j:image

空気穴から中にしみこまないように養生テープを内側から貼ります。

f:id:sorosoro40:20191012151851j:image

バブアー本体が温まっていることが大事…

ということで、段ボールにバブアーを入れてドライヤーで温めます。

 


f:id:sorosoro40:20191012151837j:image

あとは塗り込んでいきます。

 

 

f:id:sorosoro40:20191012151824j:image

前身頃を塗った所。

ステッチのところにロウがたまりやすく、適宜伸ばしたり拭き取ったり。


f:id:sorosoro40:20191012151809j:image

なんとか、前身ごろを塗りました。

僕は、前身頃(右)→前身頃(左)→襟裏→後ろ身頃→サイドベンツ周辺→右袖→左袖の順に。

各部位の間には再度段ボールハウスに入ってもらい、温めなおしました。

 

この日リプルーフに充ててよい時間は45分…

もはや黙々と作業をするよりほかありません。

 

結果です。
f:id:sorosoro40:20191012151753j:image

なんとか終わりました。

写真ではわかりませんが、しっとりが復活。

結構塗り込んだつもりが、あまりベトベトはなく、現行の新品くらい。

f:id:sorosoro40:20191012151731j:image

 

 

しかし…
f:id:sorosoro40:20191012151741j:image

急いで行ったため、オイルの塗りムラが…

 

もっと時間がある時にやればよかった…

などと思いつつ、なかなか時間は捻出できず。

 

しかし、リプルーフをしたことで、愛情は増しました。

緑缶の中もまだ残っているので、現行のBEDALEにもワックスを入れてやりたいと思います。

  

 

srsr.hateblo.jp

 

夜はすっかり涼しくなり、Barbourの季節がやってきます。

古着オフ会の方々にも触発され、ヴィンテージへのモチベーションが高まるこの頃。

このBEDALEも活躍させたいです。

 

余裕があれば着画記事も載せたいです