そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

非喫煙者のスモーキングジャケット

 

「読者登録」や「B!ブックマーク」はかなりモチベーションになります。

ポチッと応援お願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

非喫煙者ですし、煙草を吸おうとは思いません。

しかし、シガーを渋く吸っている紳士の写真や、一時期よく言っていたバーでたしなむ紳士の姿をみると「葉巻」には関心がないとは言い切れません。

 

そんな「葉巻」よりも先に、スモーキングジャケットを手にしてしまいました。

 

 

 

 

f:id:sorosoro40:20190224124630j:image

Ralph Lauren Country Smoking Jacket

チェックの重なりと紺×レッドというなかなか派手な風貌。

オークションで獲得しました。

かなりの美品。

 

ポロカントリー・スモーキングジャケット概要

POLO COUNTRYとは

表示する

POLO COUNTRY (ポロ カントリー)

通称:ポロカン。カントリー調のクラシックライン。1988年に登場し、1993年にRRLに引き継いで終了。2010年秋、2016年2018年秋など、散発的に復活することがある。                   wikipediaより

なお、レディースラインは

RALPH LAUREN COUNTRY (ラルフ ローレン カントリー)

POLO COUNTRYのレディース版で、カントリー調のクラシックライン。1993年にRRLに引き継いで終了した。             wikipediaより

 

となっております。

 

なお、このジャケットは、タグから判別するにレディース

まぁそれにしてもでかいですけど。

 

所有するポロカン

このニット以外にもここのアイテムは所有しています。

srsr.hateblo.jp

 

www.sorosoro40.com

 

 

代表的なアイテムに「ネイティブ柄」のアイテムがあります。

こちらのほうが人気。

 

2019年に販売されたこの本にも登場します。

 

 

スモーキングジャケットとは

表示する

概要

f:id:sorosoro40:20190224124640j:image

スモーキングジャケット(英:smoking jacket)とは、タバコを吸う時のためにデザインされた服装である。

19世紀中頃に流行し、後のタキシードの原型となった。現在はタキシードの一種とみなされている。

英語を除く多くのヨーロッパ言語ではタキシードと区別されず、「スモーキング」と言う言葉はタキシードと同じ意味である。wikipediaより

今回のものは「フランネル」

天然のストレッチ素材といわれるように、伸びもありますし、起毛の柔らかさは、確かにリラックスできます。

 

 

タキシードの原型となったスモーキングジャケット。

貴族がタバコを吸うときのリラックススタイル。

まぁ、ぼく、非喫煙者なんですし、貴族でもないんですけど。

 

近年有名な?スモーキングジャケット

サンローランの物がアイコニック。

モード界の中にあり、クラシックなディテール・仕立てを踏襲していることが分かります。

f:id:sorosoro40:20200219150005j:plain

かつてのBrutusの中でも解剖特集がありました。

 

映画では…

www.foxmovies-jp.com

キングスマンの中で、主人公のエグジーが来ているオレンジの物。

こちらも分類としては、スモーキングジャケットになるらしい。

最も、Wikipediaの説明にもあったようにイギリスでは「スモーキング」=「ディナージャケット」となるようですが。

なお、「タキシード」はアメリカ式の呼び名だそうで。

英国では目下「ディナージャケット」の呼び方のほうがいいらしいです。

 

ディテールと装飾~ラルフローレンのセンス~

f:id:sorosoro40:20190224124646j:image

前はトグルボタン。

この辺の意匠はスモーキングジャケットらしさを感じます。

トグル自体の味もよいのですが、横の紐の編みこみ、本体の色に合わせた装飾が美しいです。

ラペル、からまっすぐ降りてくるトリムも同じように編まれており、統一感があります。


f:id:sorosoro40:20190224124706j:image

 

裏地のチェックはそのままラペルの柄に。

大き目のチェックです。

タグはM表記。

 

伝統柄のチェックで構成されており、スモーキングジャケットとしても王道の姿をしていますが、これをアメリカのブランドが行うのが粋。

ラルフローレン御大はスーツにもイングリッシュドレープを取り入れていますが、さすがのセンスですね。

 

コーディネートとは呼べない着画

f:id:sorosoro40:20190224124716j:image

 正直着こなすのはかなり難しいので、コーディネートには困ります。

この日はRALPH LAUREN多め。

サイズ感、こんなもんでしょう。

 

 もともとが室内着ということで、リラックスした雰囲気の服と合わせるのが本来なのでしょう。

 

う~んむずかしい。

 

まとめようナ

コーディネート自体は、癖があって難しいですが、華やかさと、細かいところの作りこみは面白いアイテム。

このブランドに限らず、古着屋さんで探してみてもいいのでは。