そろそろ趣味についてまとめようナ

ファッション・革靴・万年筆・子育て

 

MENU

BUY

CC41 vintage shoes

東京で、買ってきた(モノの入った)袋。 僕のではありません。妻です。 羨望と嫉妬のしっとりまじった買い物。 ずっといきたかった、有楽町阪急メンズ館。 お目当てのお店はstray sheep。 ヴィンテージを扱うお店です。 Vintage plane-toe shoes 40sか50sか。…

US ARMY M-65 pants

US ARMY M-65 デッドストックを着実に増やし、3兄弟になりました。 男らしい太いシルエット そして、軍モノらしいハリのある生地。 インタグももうボロボロ。 真鍮ZIP。てことで、70s。 ここについていた紐はとりました。 デッドありがちな、ボタンすぐとれ…

GW4~古着屋と坊と魚~

今日は二日酔いからのスタート。 なのに、少しだけ職場で働きましたとも。 もちろん、誰も来てませんでした。 ひとりぼっちのさみしさを、二日酔いの頭痛でごまかし午前は終了。 プラプラと古着屋をめぐりました。 HAVAHANK ハンカチをまとめ買い バンダナで…

berluti club collection

先日、指輪を送ったお返しで、「少し古い靴」のリクエストをして靴をかってもらいました。 Berluti クラブコレクションという木型のラインの美中古 どこで手に入れたのかは不明。 贈り物としては、「見た目の美しさ」はとても重要なポイントなので嬉しい。 …

GW1~みつ坊やと名古屋~

待ちに待った連休の始まりです。 途中仕事もありますが、なんとか一息といった感じ。 初日は、名古屋で買い物やら万年筆の修理依頼やら。 この靴はほんとかっこいいですが、コーデが難しい。 なお、移動は電車です。 坊やのリクエストで、名鉄。 窓の外を解…

Barbour BEDALE &COWEN COMMANDO JACKET(2)【Barbour(バブアー)】

いいじゃないですか、barbour オイルドコットンの独特艶というか光沢というか視覚的なソレ。 また経年変化という服沼の住人にとってアピールは十分な魅力。 この冬はCowen comando(子―ウェンコマンド―)ばっかり着てました srsr.hateblo.jp

完璧な男になんて

僕が明日いい男になるわけでもないから焦らずにいるよ久々の誂え。すこしはいい男に近づけるのでしょうか。 春夏はなんとなく、ジャケット&パンツスタイルが多く、あまりスーツは着てなかった気もします。 濃紺のプレーンなやつ。 尚、生地はカノニコ。 結婚…

デニムに走るとして

今年は、ジーパンばかり、買ってる気がします。 エイジングとかヴィンテージとかは全くわからないんですが、服装のカジュアル化にともない使い勝手のいいジーンズに走るのはどちらかと言えば自然ととっていただきたい。 でも、イタリアジャケットに合わせ、…

COWEN COMMANDO JACKET【Barbour(バブアー)】

かの、有名な。 トラッドファッション好きから、カジュアル志向までその守備範囲は広く。 町の工場長とも言われながらも、ロイヤルワラントを掲げ続けるカントリージェンツのアウターについて。 ええ、そうです。 Barbour cowen commando wax jacket 所謂ビ…

~ゆくとしくるとしから数歩進んで~

年末年始は、パソコンとにらめっこでして。 さすがに飽きたんでございます。 虫についての観察日記であんなに、仕事するとは思いませんでしたよ。 おのれ、ファーブル。 年末年始まとめ~ 1 頭皮と逃避の果てに スタイリング剤を新しくしました。 ナカノ モ…

前提の付き合い

明けましておめでとうございます。 blogまだ続いてますね。 2019年は買い物を抑えようかと思ってましたが、たぶんそんなことにはなりません。 新年の決意ほど、甘く、脆く、欠けやすい話はないと思うんですよ、私は。 ちなみに、新年初買い。いきなり、初志…

Gaimo

大多数に賛成ですが、秋冬の方が服飾は楽しい。 というより、近年の猛暑は楽しむ余裕を与えてくれない感じですね。 秋、本格的になりつつある今日、春夏に備えて…… (早すぎるか、遅すぎるのか) Made in SPAIN GAIMO(ガイモ) エスパドリーユデビューは今夏。 …

TAG Heuer MONACO

前エントリーで書きましたが、ダイエットでのコツは記録。 しかし、それだけで何とかなるものではなく・・・ やはり目の前につるすニンジンの存在は吟味しつつ適切な距離感と遠近感で用意しなくてはなりません。 今回のにんじんは過大であったのでは?という…

夏が終わり、順次終わる 

若者のすべて/フジファブリックで、語られる期間を終え、つつがなく花火大会も終了しました。 今年は特に花火を見に行くこともなかったですが、私。 夏が終わると、残りは順次年末に向け、片付けのごとく様々なことが終わっていく感覚に襲われます。 一方で…

夏事情総柄

以前の記事でも書きました。そう、それは、カメラのピントを合わせるような - そろそろ趣味についてまとめようなより。 簡単に言うと、柄やパッチワークに惹かれています。 夏ですもの、基本的には薄着になるわけで、そのなかで、距離に惑わされず、はっきり…

徒然、常々、上々

真夏ですが、基本的には夏らしいイベントから遠い生活をしています。 基本的ではないイベントは、職場にて七輪を引きずり出し、ニジマスを焼いたくらい。 黙々と、内臓を引っ張り出し、淡々と串に刺し、次々と焼く……作業に夢中になり、無言。 黙々、淡々、次…

そう、それは、カメラのピントを合わせるような

こうしてみると、私服でも極端です。 所謂トラッド系服も、こういうリメイクも好きです。 カメラのピントを合わせるように、一度フォーカスを極端にずらし、絞っていく。 そのなかで、拾えるもの、トキメクもので構成された僕は何者たるでしょうか。 学生時…

春夏の買い物な

BUY

前回(理屈混じりのくどくどしい)記事から大分あいてる…… 心境の変化は侮れず、服飾買わないブームが終わりを告げた結果です。 あらましとしては、 『節制』『節約』『自己制御』向かう先は資産運用 をスローガンに掲げた堅実派の心は脆くも、趣味人気質に囚…

趣味:ファッション 「行動」について

ファッションか、スタイルかという問題(議論)は置いといて。 服飾にこだわりをもち、「着飾る」行為を「趣味:ファッション」状態とするのであれば、その趣味における主な行動にはどんなものがあるのであろうか。 そして、その行動の違いによって、どんな…